煎茶や緑茶のカフェイン量とは。知れば安心のお茶のお話。

煎茶や緑茶のカフェイン量とは。知れば安心のお茶のお話。

普段から私たちの身近ある飲料の1つであるお茶。

普段から飲むからこそ、健康に対する意識は上がりますよね。

他のカフェインがたくさん入っている飲料(コーヒーなど)と比較すると、カフェイン量は劣りますが、実はお茶にもカフェインが含まれています。

カフェインを摂取したく無い方やお茶の飲み方について気になる方は、ぜひ本記事を参考にして下さい。





1.緑茶に含まれるカフェイン量とは。

まず、カフェインのお話をする前に緑茶と煎茶についてのお話です。

煎茶とは緑茶の中の1種を指しております。つまり煎茶は緑茶ということになります。

緑茶の中には玉露やほうじ茶、煎茶など様々な聞き覚えのある日本茶があり、栽培方法で種類が異なります。

煎茶と緑茶の関係性が分かったところで緑茶のカフェイン量のお話です。

今回は、最も日本人に親しみがある煎茶のカフェイン量についてです。

煎茶100mlあたりに含まれるカフェインの量は、約20㎎ぐらいだと言われています。(浸出や茶葉の量によって誤差は生じます。)

ちなみにコーヒーは、100mlあたりに含まれるカフェインの量は、約60㎎(浸出の状況によって変わります。)と言われているので、約3分の1程度になっています。

煎茶にカフェインが多く含まれているイメージがある方もいたかと思いますが、実はそんなに多くは無い結果となっています。





2.気になるカフェインの効果をおさらい

実は、カフェインは人によって効果の差があるので、何グラムまでに抑えた方が良いですという明確な基準値がないです。

その為、明確に効果を定義するのは難しいですが、
カフェイン摂取はデメリットばかりではなく、メリットもあります。

個人にもよりますが適量を摂取すれば、問題はないとされています。

カフェインのメリットとして、眠気を飛ばしたり、利尿作用が上がったり、疲労感抑制などがあります。

デメリットとしては、過剰摂取すると健康に影響がでる可能性があるとされており、カフェイン中毒になったり、めまい、心拍数の増加などを引き起こす場合もあります。

煎茶が好きな方で、カフェインを気にされている方もいるかと思いますが、煎茶だけではそこまで気にしなくても良いのかと思います。

ただし、何事も適量が大切ですので、飲みすぎには注意して下さい。





3.それでも緑茶を飲みたい方に

カフェインは気になるけど緑茶や煎茶を飲みたいという方もいらっしゃるかと思います。

最近では、カフェインが体に良くないというイメージが定着してしまっているせいなのか、飲料メーカーでカフェインを抑えた飲料シリーズが販売されています。

そのような飲料であれば、カフェイン量を抑えて、緑茶を楽しむことが出来るのでおすすめです。

しかし、本来のお茶の旨みとは少し離れてしまう可能性があるかと思いますので、粉末タイプや水出しタイプなど色々試してみて、自分に合ったモノを見つけてみて下さい。





4.まとめ 日本人に最も身近な飲料である煎茶は、コーヒーと比較してもカフェイン量は少ない飲み物です。

その為、大量に飲まない限りは、過剰に気にしすぎる必要はないかと思います。

ぜひ、お茶を健康に安全に楽しんで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です