煎茶の美味しい淹れ方。お茶は淹れ方で味が変わる。

煎茶の美味しい淹れ方。お茶は淹れ方で味が変わる。

皆さんはお茶を自分で淹れますか?

現代ではペットボトルのお茶が普及した為、あまり日本茶を自分で淹れる機会が減ったかと思います。

しかし、お客さんが来た時など、おいしいお茶を淹れておもてなしできたら良いですよね。

実はお茶(煎茶)は淹れ方によって、味わいや渋み香りも随分と変わります。

美味しいお茶の淹れ方はどうすれば良いのかという疑問に答えていきます。





1.お湯を沸騰させて湯飲みに移す。

まずは、お湯を沸騰させます。やかんや鍋など何でも大丈夫です。

ここで絶対にしてはいけないのは直接急須にお湯を注ぐ行為です。

沸騰直後のお湯はお茶を淹れるにあたって、適切な温度では無い為、必ず一度湯飲みに移しましょう。





2.お湯を70度~80度ぐらいに冷ます。(湯冷まし)

お湯を湯飲みに8分目まで入れたらしばらくは放置して冷まして下さい。

この作業を入れる事で、沸騰後のお湯が約10度程下がります。この作業が煎茶を入れる上で非常に重要な作業で、煎茶を美味しく飲める適正温度にします。

湯冷ましする時間が無い場合は、湯飲みをいくつか用意して、湯飲み同士でお湯を空気に触れさせる事を意識しながら、何度か移す作業をしましょう。

これにより、湯飲みに入れた状態で湯冷ましを待つよりも早くお湯の温度が下がります。





3.茶葉を急須に入れる。

茶葉を急須に入れる際の目安量として、1人2gの茶葉が適量とされています。

自分の好みもあるかと思いますが、お客さんを持てなす際は、1人2gの茶葉を目安に作って頂くと安定した味がでるかと思います。

ティースプーンを使用すると簡単に適量を図れるのでおすすめです。
ティースプーンを使用する場合は、中盛り1杯で2g程だと思って頂ければ大丈夫です。





4.急須にお湯を注ぐ。

ここで初めて急須にお湯を注ぎます。

何度もお伝えしていますが、茶飲みにいきなり茶葉を入れて、沸騰したてのお湯を入れるのは、NG行為なのでご注意くださいね。

急須に入れたら、煎茶の場合は約1分ほど抽出の時間にします。

茶葉の細かさによって、抽出の時間は異なりますが、個人の好みもあるかと思いますので、色々と試してみて自分に合った抽出の時間を見つけてみて下さい。

抽出作業が終わったら湯飲みに注いでいきます。

もしお客さんが複数いる場合は、味や風味が均等になるように湯飲み少しずつ均等に回すように注いでいきます。

1つずつの湯飲みに集中して注いでいくと、味に違いが生じる可能性がある為気を付けて下さい。

お茶は最後の1滴まで注ぐことを意識してみて下さいね。





5.美味しい煎茶を飲みましょう。

煎茶の淹れ方を解説させて頂きましたが、最後は自分の好みなので、最低限のルールを守れば、自分なりの美味しい淹れ方や待ち時間を探してみて下さい。

日本茶は日本の文化で、美味しいお茶は海外からも注目されています。

普段ペットボトルのお茶しか飲んでいないという人も、ぜひ1度自分で急須からお茶を淹れてみてはいかがでしょうか。

きっと、いつもと違うお茶本来の味に驚かれると思います。

煎茶の美味しい淹れ方。お茶は淹れ方で味が変わる。」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です