朝起きれない人必見。あなたが起きれないのには理由があります。

朝起きれない人必見。あなたが起きれないのには理由があります。

もう起きないといけない時間なのについつい2度寝してしまって遅刻なんて経験ありませんか?

朝起きても頭がぼーっとしてなかなか活動できない人も多いかと思います。

現代は、24時間営業のお店が増えスマホ普及とともに社会人や学生の睡眠時間は、減少傾向であると言われています。

睡眠の質に悩まされている方々に朝起きれず寝起きが悪い理由を解説していきます。





1.スマホが原因の場合

寝る前にスマホをいじってしまっている方は多いのではないでしょうか。

コンパクトで手元に置きがちですが、スマホは睡眠の質を下げると言われています。

スマホはブルーライトを発しています。このブルーライトが私たちの眠りを促す物質であるメラトニンを減少させると言われています。

寝る前にスマホを触っている方は、スマホを触るのをやめることをおすすめします。





2.生活リズムが乱れている

夜更かしや夜勤で生活リズムが乱れていると、睡眠の質が下がる可能性があります。

朝起きて太陽を浴びる事ができなければ、人間の体内時計の調整が難しくなっていきます。

その為、体のリズムがおかしくなり起床時間が定まらず、寝起きが悪くなっていきます。

また、生活リズムが乱れている場合食生活のリズムにも乱れが生じますので、血糖値のコントロールができず。生活習慣病を引き起こす場合もあるでしょう。





3.精神的に不安定な状態

会社が嫌だ、学校が嫌だなど明日を迎えるのが不安であったり、心配事が多くなると眠りを妨げる可能性があります。

また、精神的な問題は自分で気づいていないうちに起こっている可能性もあります。

特に心配性な方は、寝ようとすると様々な心配事が浮かんでくることもあるでしょう。

精神状態があまり良くないと感じたら、早めに専門医に相談する事も手段の1つです。





4.口呼吸をしている

口呼吸も睡眠の質を下げる原因とされています。

睡眠時無呼吸症候群やいびきは口呼吸をしている人に起きているものであり、睡眠の質を下げています。

口呼吸の弊害は、睡眠の質だけでなく口臭や口の乾き、風邪を引きやすくなると言われておりデメリットが多いです。

最近では、口呼吸防止のテープなども販売されていますので、口呼吸がひどい方は試してみてはいかがでしょうか。





5.睡眠時間が足りていない

単純に睡眠時間が足りていないという場合もあります。

睡眠時間は人それぞれ必要な時間が異なり、4時間で充分活動できる人もいれば8時間寝ないとしんどいという方もいます。

つまり、何時間寝れば良いは人によって異なるので、自分に合った睡眠時間を探しましょう。

そして、朝起きたら体内時計を整える為に、出来るだけ太陽の光を浴びるようにして下さい。





6.寝る前におすすめの行動とは。

睡眠の質を高める為に寝る前のおすすめの行動をご紹介します。

寝る前に食事をとらない。
寝る前に食事をとってしまうと、胃や腸の動きが活発になってしまい、睡眠の質が下がってしまう可能性があります。

どうしても何か食べたいときは消化の良いモノを中心に少量だけ食べるようにしましょう。

スマホを触らない
上記でご紹介しましたが、スマホのブルーライトが睡眠の質を下げます。

寝る前のスマホは避けましょう。

軽くストレッチを行う。
激しい運動は避けてほしいですが、軽いストレッチをすることによって体をリラックスさせた状態にします。

睡眠前のリラックスは筋肉を和らげて血流が良くなり睡眠の質改善につながります。

部屋を暗くしておく
寝る30分~1時間前ぐらいから部屋を徐々に暗くしていくと、自然な睡眠に入りやすい状態になります。

部屋が明るい状態だと睡眠促進するメラトニンが抑えられた状態になっています。

少しずつ部屋を暗くすることでメラトニンが分泌され、睡眠に入りやすい状態になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です