日本茶の定義とは。お茶の歴史。

日本茶の定義とは。お茶の歴史。

日本人に必須と言っても良い飲み物の1つであるお茶。

大手メーカーが参入してペットボトルでお茶が飲めたり、ティーパックのお茶があるので、お茶を飲むのに苦労しない時代となりました。

そんな時代だからこそ、本当のお茶の歴史と日本茶の定義を再確認して、日本茶のルーツについてお話しようと思います。

ぜひ、日本茶について理解を深めてみて下さい。





1.日本茶ってどういうもの?

皆さんは日本茶と聞いてどのようなものを想像しますか?

日本に生まれて、ずっとお茶を嗜んできても日本茶の定義を説明できない人がほとんどではないでしょうか。

日本茶とは、言葉の通り日本で生産されているお茶の事を指します。

一般的には緑茶のことを指すことが多いですが、その他日本で生産されいているお茶も日本茶に属すことになります。

では、日本茶を指す緑茶ですが、緑茶とは一体どのようなものなのか。

緑茶の特徴は製法にあり、茶葉を摘み取った後すぐに発酵を止めてしまいます。
その為、不発酵茶とも呼ばれています。

不発酵茶は緑茶を指しますが、もちろん発酵茶や半発酵茶と呼ばれるものもあり、発酵茶はいわゆる紅茶で、半発酵茶はウーロン茶を指します。

この製法により、味や香り効能が変わっていきます。





2.緑茶の種類について

緑茶と言っても様々な種類があります。

煎茶や、玉露、ほうじ茶、抹茶、玄米茶、深蒸し茶などがあり、製法の違いにより分類されていきます。

実は、緑茶や紅茶、ウーロン茶も原料は同じでチャという植物から作られいます。

その中でも緑茶に向いているのは中国種となっており、日本で栽培されいているものは、ほとんどが中国種と言われています。





3.日本茶の代表煎茶について

日本茶の代表として煎茶があげられます。

日本人に最も馴染み深いお茶と言っても過言ではないでしょう。

静岡県や鹿児島県などの有名な産地を始め、全国の産地で生産されています。

煎茶の特徴として、黄色から黄緑色のお茶で甘味、渋み、苦みのバランスが良く、日本人に舌に合っているお茶と言えます。

緑茶の1つである煎茶ですが、新芽が出てからずっと日光を浴びさせて育てています。
実は、玉露などは日光を遮って育てています。

日光を浴びると光合成が行われ渋み成分の1つであるカテキンが増加していきます。

この光合成が煎茶の味を作り上げています。

煎茶の種類は大きく2つに分かれます。普通煎茶と深蒸し煎茶の2種類です。

普通煎茶と深蒸し煎茶の違いは、生葉の蒸し時間です。普通煎茶の蒸し時間は、約30~40秒ほどとされており、深蒸し煎茶は普通煎茶の2~3倍長く蒸したものとされています。

この蒸し時間の違いにより、味や色、香りに違いが生じます。

深蒸し煎茶は、普通煎茶と比較して、濃い緑色をしており細かい茶葉や粉が多いので少し濁っています。
味は、渋みが少なくなりまろやかな味となっています。

どちらの味が好きかは個人差があるので、ぜひ煎茶の違いについて知らなかった人は、どちらも試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です