実は健康に良い緑茶の嬉しい効能とは?緑茶の魅力を知りましょう。

実は健康に良い緑茶の嬉しい効能とは?緑茶の魅力を知りましょう。

現代では、清涼飲料水などの登場により、お茶を飲む機会が減ったという人もいるかと思います。また、清涼飲料水は多くの砂糖や摂取しすぎると体に良くない物質もある為、飲み過ぎている人は健康を害している可能性もあります。

飲料は私たちの生活とともに形を変えていますが、今回は原点に戻って緑茶をテーマに緑茶の効能や何が健康に良いのかを話したいと思います。

毎日一定量の緑茶を飲むことで、色々な嬉しい効能があることが各研究で発表されていることもあるので、ぜひ参考にして頂けますと幸いです。





1.緑茶とがん予防の関係について

緑茶の効能として様々な研究で注目されているのが、抗ガン作用です。ガンの予防抑制に効くとされている理由は、緑茶に含まれているポリフェノールやカテキン、その他ビタミン類が発ガン物質の効果を抑制すると言われています。

お茶の有名な産地である静岡県掛川市ではガンでの死亡率が平均値よりも低く、昔から緑茶をよく飲むからではないかと言われています。

今後の研究でもっと詳細な緑茶とガンの関係性が解明されていくかもしれません。
ただし、緑茶を飲むことでガンが治ったり、驚異的な回復をするわけではありませんので、ご注意下さい。





2.緑茶と血糖値の関係について

高血圧や血糖値など中年層の方が気になる指標についても改善が報告されています。
カテキンと糖尿病予防の話はよくあるかと思いますが、お茶に含まれる茶ポリフェノールが血糖値の改善に効果があると分かっているそうです。

血糖値改善にも効果があるとされる緑茶ですが、がぶ飲みしすぎるとカフェインも含まれている為睡眠障害や胃腸症状などが出る可能性があります。その為、飲みすぎには注意しましょう。





3.緑茶とビタミンCの関係について

緑茶は製造過程上で茶葉を発酵させずに作る為、様々な成分を多く残すことができるとされています。
成分の1つとしてビタミンCが挙げられます。
健康に良いのはもちろん、美容面でも活躍してくれるビタミンCですが、緑茶以外のお茶の製造方法ではあまり残らないとされています。

ビタミンCには抗酸化作用も含まれているので、様々な病気の予防に役立つとされています。





4.緑茶とメタボ予防の関係について

ダイエットや肥満、メタボ予防として緑茶が注目されています。大手飲料メーカーも緑茶の商品で脂肪燃焼を助けるなどと打ち出していますよね。

緑茶にはタンニンという成分が含まれており、脂肪を分解する酵素の働きを高めてくれるとされています。
また、カテキンにもブドウ糖から作られている脂肪を減少させると言われており、これにより、抗肥満作用があるとされています。





5.まとめ

私たちの身近にある緑茶ですが、実はこんなにも嬉しい効能がありました。毎日清涼飲料水しか飲んでいないという方は、少し緑茶に変えてみるのもおすすめです。

その他にも、糖尿病などの生活習慣病を始め、脳梗塞、リラックス作用、老化防止(アンチエイジング)なども報告されております。
今後さらに、嬉しい効能が発表されるかもしれませんね。

緑茶で健康生活を送ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です