カテキンの効能とは。緑茶に含まれるカテキンについて。

カテキンの効能とは。緑茶に含まれるカテキンについて。

皆さんも一度はカテキンという言葉を聞いたことがあるかと思います。テレビや雑誌などの健康番組でもよく取り上げられていますよね。

そして、カテキンと聞いたらまず思い浮かぶのが緑茶でしょう。
カテキンは緑茶の苦みや渋みの原因となっております。

実際、緑茶にはカテキン成分が含まれており、色々と嬉しい効能があると言われています。

本日は、カテキンの嬉しい効果効能についてお話したいと思います。





1.カテキンの抗酸化作用について

抗酸化作用とは、文字通り酸化に抗うことであり、活性酸素が人体の様々な組織を攻撃するのを減少させて、病気の予防や老化防止になるとされています。

この抗酸化作用は、加齢とともに弱くなっていき、年齢を重ねるほどに抗酸化作用を保つための食生活をする必要があります。

お茶には上記の体内の酸化を抑えるカテキンが含まれているので、健康を保つ為にも適量を摂取することが良いとされています。





2.カテキンの抗がん作用について

カテキンが含まれる緑茶は、抗がん作用もあると言われています。カテキンが発がん物質の効果を抑制すると言われており、ガン予防になると言われています。

実際にお茶の名産地である静岡県などでは、ガンでの死亡率が全国平均よりも低い結果が出ており、緑茶に含まれるカテキンなどの効能ではないかと言われています。

ガン予防には効果があるとされているカテキンですが、ガンが完全に完治するわけではございませんので、あくまで予防という認識が良いかと思います。





3.カテキンの食中毒予防について

カテキンは、ボツリヌス菌やビブリオ菌、O-157などに対しての増殖を防ぐとされており、食中毒予防に効果があるとされています。





4.カテキンの虫歯予防について

カテキンは健康面だけでなく、虫歯の予防にもつながると言われています。
虫歯の原因となる、ミュータンス菌の増殖を減少させるとされており、虫歯予防につながります。

現在の虫歯が治るわけではないのでご注意ください。





5.まとめ

緑茶に含まれるカテキンには、様々な嬉しい効能効果があります。健康な生活をサポートしてくれるので、適量を摂取することがおすすめです。