とろみ茶の作り方

嚥下(えんげ)障害の方にもおいしい日本茶を

弊社で取り扱う粉末茶タイプのとろみ茶は国産茶葉100パーセントです。
茶葉まるごとのカテキンパワーでお茶の栄養成分を丸ごと摂取できます。
お湯を入れたホットティーでも、水と氷を入れたアイスティーでもどちらでもおいしくとろみ加減を調整しながら嚥下障害の方にもおいしい日本茶をお飲みいただけます。
美味しくて、簡単につくれて、作り置きのできる便利なとろみ茶は新しい日本茶のスタイルです。

とろみファクトリーのの粉末とろみ茶の作り方と特徴

この粉末とろみ茶は、濃いとろみ~薄いとろみまで、水(冷・温両用)の分量で調整ができます、
分量の目安は次の通りです。
※粉末のとろみ茶を約4g(小さじ2杯分)入れて、
※100mlの水に溶かすと濃いとろみ、
※150mlで、普通のとろみ、
※200mlで薄いとろみ、がつきます。
ダマになりにくく、冷蔵保存も出来るので1日分のとろみ茶を作り置きも出来るので、作る手間も、
時間も省け、とても便利です。
厳選した国産茶葉100%を使用していますので、お茶の栄養成分が全て摂取できて身体にも良く、
味わいも本格派の美味しい日本茶です。

とろみ茶とは

もうよくご存じのように、日本茶の茶葉には身体に良い成分が、
たくさん、(認知症予防・がん予防・抗菌作用・動脈硬化予防・糖尿病の予防
老化を防ぐ作用・リラックス効果・高血糖値の改善・自律神経の安定などが、)
ありますが、その栄養成分が茶葉を粉末にすることで、丸ごと身体に摂取できます。そんな素晴らしい粉末茶を、どんな症状の方にも、そして、日本茶専門店らしく、美味しく飲んで頂きたく開発されたのがこのとろみ茶です。

とろみ茶のとろみ加減の調整方法

介護の現場のお声を何度もお聞きして、試作を繰り返し、出来上がりましたこの、
とろみ茶は、作る際にはダマにもならず作りやすく、一旦作ると、とろみがそれ
以上に、固まることなく最初のとろみ加減が持続しますので、作り置きが出来ます。
毎日3回~5回作られているとろみ茶を朝1回で1日分作り置きする事が出来ます。
お茶を作る時間に手間・茶葉を買う代金・とろみを何度も作る手間・とろみ剤の代金・
そして、今、お使いのお茶より本格的で美味しいお茶を提供する、これら全てを、
集約したとろみ茶です。約2gのとろみ茶に100mlのお水で普通のとろみ加減の
とろみ茶が出来上がりますが、さらに薄いとろみ・濃いとろみは、水の分量で調整頂けます。
お茶は、緑茶・玄米茶・ほうじ茶・さっぱり甘い抹茶ジュースの4種からお選びに
なれます。また、ご要望に応じとろみ加減も調整できますのでご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です