おいしいお茶を選ぶコツと保存方法

お茶は、価格と品質は比例します。

価格を目安にして商品を選ぶのが一番大切です お茶屋さんに並ぶお茶は炊いて店独自の商品名がつけられており場合によってはそれが普通煎茶なのか、深蒸し煎茶なのか、お茶の種類すら示されていないケースがあります。 なので購入時に悩む方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? そこで商品選びの一つの目安となるのが価格です。 お茶は価格と品質が比例します。 煎茶の場合まずは品質が安定しているのは100 gあたり1000円前後の価格帯のものを目安に選びましょう。 風味は産地やお茶の品質によって異なります。 手始めとしては1000円前後の価格帯は変えずに産地や品種の違いの商品を選んで飲んでいくのが好みのお茶を見つけるための近道になります。 商品知識が確かだったり商品回転が早かったり日の当たらない湿度の低い場所で商品管理をしていたりする環境の良い店で買えると理想的です。 店員に相談をする際には単に美味しいものをと伝えるのではなく希望の価格帯と風味要するに奄美甘みが濃い若葉のような香り香ばしいなどと伝えます。 また、水色が鮮やかなものまた薄いものなどと具合を少し具体的に説明するとスムーズに選ぶことができます。 他にも山のお茶または蔵出し茶というようなお茶の種類もあります。 山のお茶は寒暖の差が大きい山間地で作られたお茶の名前です。 香りに個性がありそのため普通蒸しにされることも多いようです。 蔵出し茶とは新茶を低温貯蔵し熟成させたものを言います。 そのため一般的には新茶とは春先特にゴールデンウィークに積まれたものを指しますが低温貯蔵しているために蔵出し茶として新茶は年中飲めるのです特には秋頃に出回ります新茶の角が取れまろやかな味わいが特徴です。こういった山のお茶または蔵出し茶という言葉も覚えておくとお茶を選ぶ時に役に立つでしょう。もう一つはお茶は見た目で判断することができます太く大きく硬いちゃわは安価なもので細く針のような形状の色の濃いお茶は高級な良いお茶です、なので店頭でちゃばを手に取ることができるお店は特に自分好みのお茶を見つけることが可能です。

次に上手なお茶の保存方法を教えします

お茶は冷蔵や冷凍保存は結露に気をつけましょう。 お茶は湿気や高温高酸素の影響で変質します放送された未開封の状態なら熱の近くに置いていなければ消費期限が過ぎても一般の人なら味の変化に気づかないほどです、とはいえ鮮度が良好なうちに楽しみたいものです、開封後1ヶ月以内で飲みきる量をその都度購入するのが理想的でしょう。未開封のものを長期保存する場合は冷蔵庫や冷凍庫に入れておくのも有効ですがただし冷蔵庫や冷凍庫から出した際必ずと言っていいほどに結露が生じますこの結露はお茶には天敵ですなので冷蔵庫冷凍庫から出したお茶はすぐに戻しましょうまた冷蔵したお茶は外に出してから夏なら半日冬なら3から4時間置いてから開封しましょう。冷凍の場合は冷蔵庫に移して1日さらに外に出して半日置くのが理想です冷蔵庫で保存すると中に入れたことを忘れてしまいがち家庭なら結露の事も考えれば涼しくて風通しの良いところに置くだけでも十分なのです。またお茶は香りも大切な要素のうちですので写り香には十分に注意しましょう。 そしてこれも大切なことです。

美味しいお茶の入れ方を説明します。

基本的にお茶は硬水ではなく軟水で入れるのが基本です。お茶の成分は98.5%以上は水なのでおいしいお茶を入れるためには水にも気を配りたいところですご存知のように水には硬水と軟水がありますこれはカルシウムやマグネシウムなどミネラル群の量によって分けられ日本では硬度100万の水を軟水100以上のものを硬水としています軟水は癖がなくサラッとした喉越しが特徴で日本の水道水は沖縄の一部などの地域を除き軟水に分類されます、一方硬水はやや硬いのどごしで独自の曲を持ちます。日本の水道水は軟水なのでミネラルウォーターでなくても十分美味しく入れられます、沸騰させればカルキ臭などを軽減できますが気になるようならやかんに水を入れて、4.5時間おいたり、活性炭入りの浄水器を使ったりすると安心です、 淹れ方において大切なコツは美味しいお茶を入れるためには三つの要素がありますまずはお茶の品質例えば煎茶なら新芽の一番茶から作られた上級品なら新鮮な香りと渋みの中に甘みや苦みがありますがそれなりの品質であれば当然味や香りはそれに比例します、良質なちゃばを選び飲んでください。 そして前に説明したように軟水で入れるのもポイントですが最後の決めは淹れ方です、どんな良質なお茶でも淹れ方が適切でなければ美味しい一杯のお茶にはなりません、それにはお湯と、お茶っぱの量あとバランスお湯の温度抽出時間注ぎかたなどいくつかの要点がありますこれらを上手にコントロールできるようになってこそ理想の一杯に近づけるというわけです、人によって美味しいと感じる基準はそれぞれで今から説明する入れ方は原則と踏まえて自由に調整してください。お茶の味の成分は大まかに渋み苦味の元であるカテキン類やカフェインと雨宮旨味の素であるグルタミン酸やテアニンなどのアミノ酸類から構成されます、 カテキン類は渋みや苦みを持ちカフェインはさっぱりとした苦味を演出してくれるのが特徴です渋みや苦み甘みや旨味の成分はお湯の温度や抽出時間によって出方のバランスが変わりますここが大切です変化の方法を覚えて好みの味が作れるようになるのです、分かりやすく説明すると高温になるほど渋みや苦味が出てきます逆に低温になればなるほど奄美が出て渋みや苦味が引きこもりますよく耳にする低温抽出や水出し茶また氷出し茶というお茶の淹れ方があるのはこの法則に従っていますただ低温抽出といっても最初から冷めたお湯で出すのではなく、 一旦沸騰させた熱湯を使い湯のみから湯のみに、移し替えると一回に約10度お湯の温度が下がります、それを何度か繰り返すことによってさらにお湯の温度が下がりまた湯のみは温まると言う相乗効果が生まれますポットのお湯が90°だとする時には湯のみから湯のみに1度移すだけで、80度となり、また戻すことによって70°になるというわけですこれは目安ですがこうして湯のみから湯のみにお湯を移し冷ますことを湯冷ましと言いますこうして湯冷ましをすることによっていっぱいの美味しいお茶を入れるという気持ちも高めることも大切なことでしょう。 そして次に一度に注ぎきるのではなく回し注ぎをしましょう、例えば3杯の湯のみABCに入れる時には、A から B B から Cそして C から B B から A という具合に注ぎます、こうすることによって後になるほど濃くなるお茶がまんべんなく全ての湯のみに注げるのです、最後のポイントは最後の一滴まで注ぎきるのが大切ですお茶の旨味成分は注ぎ始める前よりも最後に出るお茶に多く含まれますよって最後の一滴まで注ぎ切ってお茶の旨味を湯飲みに入れてあげましょう。 また全てのお茶は一度で捨てるのではなく2煎目、3煎目まで良いお茶であればあるほど楽しめることをお忘れなくたとえ最後の最後まで楽しみ飲みきったとしても残りの茶葉はアイデアひとつで利用方法はたくさんあります例えばお茶に含まれる消臭効果を利用しネットなどに入れ部屋や押し入れの片隅に置いとくなどすれば、消臭剤代わりにもなりますし、 殺菌効果の効能を利用して 石鹸代わりに茶殻を手もみすると保湿効果もあり大変便利です。ご存知のようにお茶石鹸などが売られているのはこの原則を利用しています。他には残った茶殻の中にもあるカテキンの栄養を100%体内に摂取する方法がありますそれは茶殻を食べることです美味しく頂く方法は様々ですが、茶殻と、雑魚などをフライパンで炒めて、醤油で味付けをすると簡単にお茶とじゃこのふりかけが出来上がります。こんなふうに独自のアレンジした、茶殻のレシピお考えお茶を100%楽しむのが良いでしょう。 このように正しいお茶の選び方そして正しい保存方法最後に美味しいお茶の入れ方そして余すところなくお茶を楽しむ自らのアイデアなどを考え日本茶を楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です